戦争の文字は消えず

stree
2017年8月15日

「戦争」の二文字は、完全に消えたとは言えません。でも「攻撃ではなく話し合いでの解決を模索している」と国防長官や国務長官達のコメントにより、地政学リスクは一旦落ち着いたようです。


攻撃を仕掛けるのは最終手段で、話し合いでの解決を優先的にするとのことでした。トランプ大統領は相変わらず挑発には挑発で答えていますが、周りは思っているよりも冷静のようです。北朝鮮リスクが軽減されたことにより、ドル円は109円後半まで上昇。このまま110円突入かとも思われましたが、東京勢がお盆シーズン突入ということもあり、上値は抑えられる形となりました。


一時は本当にどうなるかと思い、覚悟もしていたのですが、取り敢えずはホッとした次第です。

アメリカ側は軍事行動はあくまでも”最終手段”で、北朝鮮とは話し合いを行うとの旨を公表しました。一方北朝鮮のメディアも、グアムへのミサイル攻撃は見合わせると報道しました。米朝関係が完全に良くなったとは言えませんが、取り敢えず戦争は何とか回避されました。


お陰でドル円は110.4円まで上昇。ユーロ円も130円台をつけて、ものすごく勢いづいています。また日経平均株価は1万9,753.31円と前日比+216.21円の大幅上昇も相まって、ドル買い円売りムードとなりました。


市場の調子が悪かったのが、アメリカと北朝鮮の緊張からでした。でも今は緊張も無くなり、投資家もホッとしたことでしょう。戦争はよくないです。何事も平和が1番です。

コメントは受け付けていません。