アメリカは苦戦・日本は大健闘

stree
2017年8月2日

8月最初のNY時間は、ボロボロです。ドル円はついに110円を割り込む場面が出てしまい、にっちもさっちもいかない状態です。ドル円が110円を割った要因として挙げられるのが、自動車販売の減少です。

 

アメリカの自動車業界はピークが過ぎたとも言われており、新車を出してもほとんど売れない状態が続いているそうです。売れないから在庫が膨らむので、“中古”として値段を下げて売るしかありません。

 

ちなみに日本車もアメリカ市場では苦戦していますが、アメリカ車と比べると健闘している方です。トヨタは売上を上昇。ニッサンは売上に関しては苦戦しているものの、専門家達の予想を上回る売上を記録しています。ホンダも苦戦はしていますが、小型SUV車の売上は好調です

コメントは受け付けていません。